ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
太平洋記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、豚肉の生姜焼き、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


ふつうは冷奴と云えば、絹こし豆腐であろう。わたいもこのあいだまでは、絹こし豆腐を食していた。木綿豆腐に浮気したのは、木綿豆腐のほうが栄養分が多そうだからである。
木綿豆腐は水分が少なく、栄養分が凝縮されており、たんぱく質、カルシウム、鉄分がとりわけ多い(絹こし豆腐に較べて)。
絹こし豆腐は水分が多く、ビタミンB群やカリウム、ナトリウムを多く含んでいる。
これらの情報からして、絹こし豆腐よりも、木綿豆腐を選択したのである。
絹こし豆腐に多く含まれている栄養分は、他の野菜類でも補充できている自信があるが、木綿豆腐に多く含まれている栄養分の摂取については、いささか心細いものがある。
そんなわけで、絹こし豆腐から木綿豆腐に乗り換えたのである。
進歩主義の信奉者には悪いが、即席みそ汁については、栄養面から見た本来の効果は認めていない。そのことについては、冷凍食品やその他の惣菜についても同じである。
これは証拠証明の問題ではなく、信念の問題である。いかに証明されても地球が動いているはずがない、と、信じ込んでいる者はいるだろうし、日本は高天原に天降り給いし邇邇藝命の御子孫たる万世一系の天皇陛下が治めさるる神の国である、と、思い込んでいる者もいる。いくら証拠や証明を提示しても、固く思い込んでいる人間の思い込みを駆逐することはできない。そう云う輩は、提示された証拠や証明自体を、証拠とも証明ともみなさないのである。
馬を水辺に連れていくことはできても、馬がその気にならない限り、水を飲ませることはできない。
わたいの冷凍食品やインスタント食品、大手チェーンの惣菜店や弁当屋で提供されている商品などに対する思いも同様である。冷凍食品やインスタント商品の品質の向上や、含有栄養分の豊富さ、健康面から見た安全性などを強調する、専門家、と、称する人々は、どこかでかならず、食品会社や食品加工会社とつながっている、と、根も葉もない偏見を抱いているのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |
太平洋記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え、高野豆腐と和野菜の煮物


豚肉の生姜焼きは、それ用のものも売ってあるが、わたいはたいがい小間切れか切り落としを使う。理由は簡単で、その方が廉価だからである。味の違いなど、わたいに判かろうはずがない。第一、生姜醤油の漬けダレで味つけするのである。素材の味もへったくれもあるわけがない。
生姜醤油の漬けダレは、生姜(チューヴ)、にんにく(チューヴ)、酒、薄口醤油でつくる。これに豚肉と玉葱を漬け込むのである。あまり長く漬け込む必要はない、長く漬け込むと肉が固くなる、と、のたもう向きもあるようだが、わたいは短くとも、1日以上は漬け込む。火加減に注意すれば、さほど固くならない。
フライパンには油を引かず、最初強火でざっと炙るように焼き、それから中火で火を透し、弱火で煮る(漬けダレを煮汁に見立てて)心持ちで焼くのである。こうするとさほど肉は固くならない……ハズである。
高野豆腐と和野菜の煮物が、けっこう腹持ちが良くて意外である。高野豆腐以外の食材をサラダ油で炒め、しかるのち、酒、切干大根のもどし汁、味醂、薄口醤油で味つけしたのだが、最初にサラダ油で炒めたのが、腹持ちのいい原因かもしれない。以前、この過程を省略して料理ったときは、こんなには腹持ちよくなかったように思う。気のせいかも知れないが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |
太平洋記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん


今日は狢席人竜念日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1520年11月28日に、ポルトガルの航海者フェルディナンド・マゼランが、後にマゼラン海峡と命名される南米大陸南端の海峡を通過して太平洋に出たことに由来瓩垢襪里世修Δ如↓爛泪璽薀鵑蓮△修了「El Mare Pacificum(平穏な海)」と表現している瓩里世修Δ澄なお猗爐料イ禄蕕瓩得こΔ魄貅して帰国し、地球が丸いことを証明した瓩函⊂学生の頃、なにかの本で読んだ知識も披露してくれている。
それから421年後、太平洋は残念ながら、El Mare Pacificum(平穏な海)瓩箸呂いなくなった。もちろんそれ以前からキナ臭い火種はくすぶっていたのだが、それが究極に爆発したのが、1941年(昭和16年)12月8日である。
中国大陸──なんなら、アジア大陸、とでも呼ぼうか──においてはそれ以前から、紛争、事変、戦闘、等々、呼称はどうあれ、事実上の戦争状態が続いていた。
願わくばこのようなものはすべて20世紀に置き捨てて、21世紀は太平洋のみならず、あらゆる海洋、あらゆる大陸、あらゆる半島、あらゆる島嶼……地球上のあらゆる場所が、猜寝困吻畩貊蠅箸覆辰討發蕕い燭い發里任△襦
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
太平洋とも大西洋とも、戦闘とも戦争とも、一切まったく金輪際無関係の、いたって穏和で平和で人道に満ちた、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS