ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
弔 井上真樹夫さん
去る11月19日、井上真樹夫さんがご逝去なされました。

井上さん――ルパン・ファミリーの結束とファンとの絆は、斬鉄剣でも斬れません!
ご冥福をお祈りいたします。いままで、多くの夢と、勇気と、生きる力を、ありがとうございました!
| 映ちゃん | 気まぐれシネマ・デイズ | 21:26 | - | - |
カレンダーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、ピーマンの肉詰め、小松菜のからし合え、ツナと椎茸と白菜のスープ煮、各種野菜の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


寒くはなってきたが、まだ粕汁には早い、そんなときにはツナと白菜のスープ煮がピッタリである。固形コンソメに塩胡椒で洋風の味付けにしてもよし、顆粒のあごだしに酒と醤油で和風の味付けにしてもよし、で、ある。
今季料理ってみて、大根や椎茸など、他の野菜も意外と合うことが判明した。できれば淡白な味で、煮汁の浸み込みやすいものがいい。目安としては、鍋───それも、寄鍋に入れる野菜や海藻類、きのこ類などが合うのではなかろうか。
そう考えると、これもまた、汁物料理の一種、と、云えないこともなく、多種多様な栄養素を摂取し得る貴重な献立、と、云えそうである。
前回は大根、今回は椎茸を入れたが、えのきやしめじ、レタスや葱、ニラ、もやし、油揚げなどを入れてもいいのではないだろうか。要は味噌汁の具になりそうなものなら、たいていの食材は合致しそうな気がする。
いままであまり料理らなかったが、これからは大いに料理るとしよう……と、云っても、じきに粕汁の季節が来るだろうが。
各種野菜の酢漬けは、前々週以来の残り物である。酢漬けであるから長期保存が可能であろうと思っているが、何ごとも過信はよろしくない。少しずつでもいいから、消費していくべきであろう。酢は健康にいいし、野菜の摂取種類も増える。悦ばしいことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:12 | - | - |
カレンダーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、ピーマンの肉詰め(2個)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


かぼちゃの煮物は、たいていは晩食の献立に供するのだが、今週は昼の弁当に持ってくることにした。晩食にツナと椎茸と白菜のスープ煮を食するためである。これを昼の弁当のお菜に持ってくるわけにはいかない。わたいの弁当箱は、そんな保温や汁もれ防止技術に優れたものではないのである。献立と同じく、購入判断基準は、「質より量」なのである。
今回かぼちゃの煮物を料理るにあたって、顆粒のあごだしを入れるのを忘れてしまった。それでも別段、食べられない、と、云うわけではない。昆布とだしじゃこだけでも、充分美味しい出汁がでている。昆布とだしじゃこも、もちろん食する。
このところ、煮物などの際に、調味料を入れすぎているような気がして仕方がない。食材は基本、健康に悪くない。問題があるとすれば、それは調味料である、と、云うのが、わたいの偏見である。
ケーキにしろ饅頭にしろ、パスタにしろ、その他各種のスイーツにしろ、素になっている食材自体は、悪いわけではあるまい。問題になるのは、主に味付けのために使用している各種の調味料であろう。
和食でも煮物には結構な量の砂糖を使用する。そこを注意して、精製していない砂糖を使用したり、砂糖の使用を控えている人もいるようである。
砂糖に限らず、酒も醤油も、使用量が多いようである。少し控えるよう、心がけねばなるまい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:09 | - | - |
カレンダーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛レンダーの日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、狢斥枸餾陵僂鉾爾辰凸声5年12月3日(旧暦)が明治6年(1873年)1月1日となったことに由来し、全国団扇扇子カレンダー協議会が1987年に制定瓩靴燭發里世修Δ任△襦
毎年この時季になると、来年のカレンダーはどんなのにしようか、と、少しく心ワクワクと本屋の棚を覘いたものである。
もっとも、どれにしようか、と、迷い、考えあぐねているうちに、結局は同じものを買ってしまう、と、いうことを繰り返していた。
ある意味、年末の愉しみのひとつだったのだが、年々齢とともに面倒臭くなり、最近では年が明けてから買うようになった。そのうち、カレンダーなど部屋に飾らなくなるかもしれない。
カレンダーは一種のポスターや壁紙としての効果もあり、あれば部屋が明るくなっていいのだが、それもあまり気にしなくなった。どうやら感性までも摩滅してきたようだ。困ったものである。
もっともそのことと、渡井の食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
カレンダーともポスターとも、部屋の色合いとも装飾とも、まったく一切全然関係のない、いたって殺風景な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS