ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
上皇誕生日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、サバの酢漬け、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


せっかく買ってきた生椎茸を、ほうれん草と白菜の胡麻和えにも、ツナと白菜のスープ煮にも入れるのを忘れてしまった。わたいの健忘症もいよいよである。
言い訳すれば、常態化した行動様式の微修正は、思ったより困難なのである。早い話、ほうれん草と白菜の胡麻和えやツナと白菜のスープ煮の料理り方は、すでに一連の手順として狆鐶峅臭瓩気譟∪屮轡礇弔慮斥佞鱸瓦蠅譴弌◆嵌召侈軌媼韻法廚修譴鮃圓辰討い襪里任△襦ために、そこに「生椎茸を入れる」と云う、牋杣舛旅堝悪瓠僻修正)を加えることが難しいのである。これが同じ牋杣舛旅堝悪瓩任癲∧儔修梁腓なものであれば、忘れることも少ないのではないだろうか。
サバの酢漬けは、母者からの直伝である。以前から料理ろう料理ろうと思っていながら、気分や食材の値段等により料理る機会がなく、現在に至ったものである。 年内に料理ることができて、なにかひとつ、肩の荷を降ろすことができたようである。
と、云って、なにもたいそうな料理り方なわけではない。
フライパンで焼いた塩鯖を、砂糖を混ぜた酢に漬けるだけである。できるだけ焼き立て直後、熱々のうちに入れるといいらしい。要は南蛮漬けの簡略版、と、云ったところか。
ちなみにサバは、1パック3尾=480円(税抜)である。160円/尾(税抜)であるが、果たしてこれを、高いと感じるか、安いと感じるか、微妙なところであろう。
狢臀圧瓩噺討个譴襪砲靴討蓮高いのじゃないか、とも思うが、諸色高直の世の中では、安いんじゃないか、とも云える。微妙な境界である。
昔はアジ、サバ、サンマ、イワシなどは、大衆魚の代表だったのだが、最近はいずれも高価になっている。わたいはまだ地元の商店街で入手しているから、廉価でサンマやイワシが手に入るが、これがスーパーで購入するとなると、とても狢臀圧瓩箸榔召┐覆い世蹐Αもっとも昔に比べれば、いわゆる狃醋鵜瓩癲結構高給取りになってはいる。Macや遊冶郎の言い草ではないが、昔は自家用車を所有している家庭なぞ、庶民ではなかった。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:21 | - | - |
上皇誕生日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鰯の生姜煮、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物


いつもは廉価なお店のほうれん草が、なぜか他の店のそれよりも高かった。そのお店のが1束=150円(税込)、他のお店のが128円(税抜)だった。税込に換算すると、138.24円となるので、1束あたり約12円の差である。めずらしいことである。この商店街のお店に通うようになって久しいが、こんなことは初めてである。
損したような気がするが、そこはそれ、1束あたりの量が多いのだ、と、思うことにしよう。
鰯は1パック=300円(税抜)で、これで3食分料理れる。1食当たり100円(税抜)だから、非常に費用対効果が高い。薄給労働者の頼もしい味方である。しかも、栄養価に優れ、調理も簡単で、味も良いのだから、まさに鰯さまさまである。よく信仰心の強い人や、強い信仰心を嘲って、「鰯の頭も信心から」などと云うが、鰯に対する侮辱も甚だしい。鰯は名誉棄損ならびに侮辱罪で告訴するべきである!
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |
上皇誕生日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)、ツナと白菜のスープ


今日は、云わずと知れた、上皇誕生日である。
Wikipediaによると、狆綛通誠痢1933年<昭和8年>生まれ、第125代天皇)の誕生日を祝うための国民の祝日。退位および皇太子徳仁親王(今上天皇)への譲位、第126代天皇即位に伴い、2019年以降は祝日ではなくなり、2020年(令和2年)より「2月23日」に移行。なお、2019年(平成31年/令和元年)のカレンダーは「12月23日」が黒文字になっているものの、「平成の天皇誕生日」と記載されている瓩箸里海箸任△襦
そんなわけで、本年2019年(平成31年/令和元年)は、天皇誕生日のない、珍しい年となっている。
明治以降の近代天皇制において、天皇誕生日のない年と云うものがあっただろうか。
大正→昭和のときは、大正天皇が8月31日のお生まれで、12月25日の崩御、昭和天皇が4月29日のご誕生だったから、問題なく、天皇誕生日は存在したろう。
明治→大正のときは、明治天皇が11月3日のお生まれで、7月30日の崩御、で、大正天皇が、先述したとおり、8月31日のお生まれなので、これまた問題なく、天皇誕生日は存在した。
昭和→平成のときは、昭和天皇が4月29日のお生まれで、1月7日の崩御、平成天皇が12月23日のお生まれなので、これまた問題なかった。
と、すれば、今年は史上初の狃貌としての天皇誕生日のない年瓩髪召┐襪世蹐Α
それにしても、日本人の皇室崇敬の念も薄れたものである。
ご存在あそばされている以上、上皇陛下のお誕生日も、休日としてお祝い申し上げるのが、国民としての務めではないか⁉
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
天皇誕生日とも、上皇誕生日とも、皇室に対する国民の畏敬の念とも、まったく一切金輪際無縁の、いたって平々凡々たる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS