ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
鍵屋の辻の決闘の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、ブリの照り焼き、小松菜のわさび和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


ツナと白菜のスープ煮も、今季のヒット賞! である。旬の野菜である白菜を盛りだくさんに使用でき、和風洋風と好みの味付けができ、他の野菜を加えたり、使用する魚缶を別のものに変えたり、と、変幻自在に応用できる。しかも体の中から温まる。この時季ならではの重宝な献立である。
和風の味付けにしてスープが残ったら、うどんやラーメンを入れて、夜食に、あるいは翌日の昼食にしてもよかろうじゃないか。
気に入れば次々に応用がわいてくるのも、お調子者の証左かもしれない。
椎茸にビタミンDならびにエルゴステロールが多く含まれていることはこれまでにもたびたび述べてきた。エルゴステロールは紫外線に当たることによって、ビタミンDに変化する。
ビタミンDは不足しがちな栄養分だけあって、これを簡便に摂取できる椎茸───にかぎらず、きのこ類───は、重宝な食材である。
いくらカルシウムを多く摂取しても、ビタミンDが不足していてはなんにもならない。ビタミンDは日光浴等、日に当たることでも造成されるが、引きこもり勝ちのわたいには、ナカナカに難しいところがある。
椎茸なら、様々な献立に混ぜることができようし、味も引き立つだろうから───でなければ、そもそもだしを採るのにつかわれまい───、なるほど、重宝である。
もっとも、干しっぱなしにして、入れるのを忘れてしまっては、なんにもならないが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |
鍵屋の辻の決闘の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、ブリの素焼き(1切)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


ブリは3切=680円(税抜)だった。1切≒227円(税抜)の勘定である。税込245円と思えば、まぁ、廉いほうだろうか。
仕事場にはお弁当屋さんが弁当を売りに来る。その値段は500円、ワン・コインである。何軒かのお店が売りに来ているが、みな一様に、ワン・コイン、で、ある。別に、今年の流行語を当て込んでいるわけではない。消費税が5%の頃から、税込500円なのである。トラストだか談合だか知らないが、いまどきありがたい話である。
ただ、量は少ない。自家製弁当の、下手をすると半分くらいなのではないだろうか。もっともそれくらいが通常人の食欲を満たす適量なのであって、わたいの胃袋が他人のそれよりも大きい、もしくはわたいの消化器官の労働効率が悪い、と、云うだけなのかもしれない。
なんにせよ、自家製の弁当なら、倍ほどの量と好みのお菜で、しかも価格は同等以下、の、はずである。栄養配分についても、できる限りの考慮を払っていることは、みなさん、よくご存じいただいているところであろう。
豈弁当手製ならざるべけんや、で、ある。ただし、味と変化に鋭敏でなければ、の、話ではあるが……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:14 | - | - |
鍵屋の辻の決闘の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は有名な、犖芦阿猟圓侶萋瓩行われた日である。
猴名な爐箸榔召辰討癲現在ではほとんど知る人もいまい。なにしろ、あの「忠臣蔵」こと、「赤穂事件」のことすら知らない、と、云う人がほとんどなのだから、無理もない、と、云えば、無理もない話ではある。
Wikipediaによると、犂憶11年11月7日(1634年12月26日)に渡辺数馬と荒木又右衛門が数馬の弟の仇である河合又五郎を伊賀国上野の鍵屋の辻(現三重県伊賀市小田町)で討った事件瓩如↓牋鵬豈曚竜愼い舛箸盡世Ν瓩發里任△襦狒讐羞残錣竜愼い舛叛嵎耋音里瞭い粗りに並ぶ日本三大仇討ちの一つ瓩任△蝓↓爐泙拭∩讐羞残錣竜愼い舛紡紊錣辰鴇瑠璃坂の仇討ちを加えて江戸三大仇討ちとすることもある瓩里世修Δ任△襦
狎嵎耋音里瞭い粗り瓩呂發舛蹐鵝↓狒床羞残錣竜愼い銑瓩癲⊂瑠璃や歌舞伎などで、古くから親しまれてきた。映画の題材にもなっている。この鍵屋の辻の決闘も、江戸時代から浄瑠璃や歌舞伎などでよく知られていたそうである。
しかしわたい個人としては、この決闘の際、渡辺数馬の助太刀として加勢した荒木又右衛門の36人斬りは聞いたことはあっても、事件そのものについてはまったく知らない。困ったものである。
なぜこの事件が、日本三大仇討の一つに数えられているのかも謎である。
仇討ちをどう解釈するかだが、場合によっては、本能寺の変なども、仇討ち、と、云えないこともなかろう。いや、古くから伝わっている通説俗説を信じれば、日本史上最大の爛ぅ献瓩砲燭い垢觧妬屬鍬瓩函云ったところか。
別に『麒麟が来る』の宣伝をするわけではない。念のため。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
鍵屋の辻の決闘が有名であろうがなかろうが、荒木又右衛門が36人斬ろうが斬ろまいが、麒麟が来ようが来るまいが、そんなこととは一切無縁の、いたって平和穏当な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS