ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
note first challenge!
散作がnoteを投稿しました! 仲間うちでは初の試みです拍手
どうか、興味とお時間がおありの方は、ぜひご一読ください(^_^)/


『本陣殺人事件』論
https://note.com/rolly2020/n/n368660a008b4

『本陣殺人事件』論 註
https://note.com/rolly2020/n/n35ffd479a200

(16)『本陣殺人事件』論 作中年譜
https://note.com/rolly2020/n/n2506f59c9566

『本陣殺人事件』論 附録〜「『本陣殺人事件』を評す」を評す
https://note.com/rolly2020/n/ncad97c145413

『本陣殺人事件』論 附録〜「『本陣殺人事件』を評す」を評す 註
https://note.com/rolly2020/n/n87ce6b7bbc56
| Woody(うっでぃ) | 評論もどき | 21:29 | - | - |
明治村開村記念日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の梅肉しそフライ、菜の花の辛し和え、かぼちゃの煮物、山芋の上のオクラ、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


月曜火曜と、風邪気味の体調不良で寝込んでしまっていた。断わっておくが、コロナでもパロマでもカローラでもなく、ネコンでいただけであって、リコンでいたわけではない。
ありようは土曜日に眼の定期受診に行ったのである。気温が下がって冷え込む、しかも雨の日だった。雨、とは云っても、しょぼ降る少雨に過ぎなかったので、これくらいなら、と、油断したのが、どうも不可なかったようだ。
当日夜からこめかみあたりがズキズキしだし、日曜から頭痛と悪寒と咳に見舞われた……。いつものことだが、こんな状態になっても、熱が上がらないのが不思議である。昨日一昨日など、36.5℃にも届かなかった。不思議な体質である。
そんなわけで、料理ったものの消費予定も大幅な変更を余儀なくされている。いつもより一品増えているのも、そのためである。
山芋の上のオクラも、そろそろ時季であろう。これにかつお節と梅肉がのっていれば云うことはなかったのだが、大量消費を主目的としたので、これ以上追加するわけにはいかなかった。
とりあえず、冷凍保存できるものは冷凍保存して、来る3連休を活用して(?)できるだけ内食することにしよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:22 | - | - |
明治村開村記念日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(たくあん漬け)、鰯の梅肉しそフライ、菜の花の辛し和え、かぼちゃの煮物



鰯の梅肉しそフライが気に入って、また料理ってみた。
今回は少々失敗だったようである。食べられないことはもちろんないし、ボロボロに形が崩れているわけでもないが、揚げ衣がうまくつかず、なのに油が多かったらしく、妙にべたべたした。少量の油でカラッと揚げ焼きにするのがコツであるようだ。いくらフライと云っても、ベタベタべちょべちょするのはよろしくない。人間も同様である。ベタベタべちょべちょした輩は気色悪い。
菜の花の辛し和えは昨週の残りである。今日まで大丈夫かな? と、思わないでもなかったが、味わいや風味はさすがに劣化しているものの、食べる分には問題なかった。これもわさびが効いているおかげだろうか?
かぼちゃの煮物はもはや安定期(?)に入っている。大幅な失敗もなく、安心できる献立である。このところ、ニュージーランド産が多いように思うが、以前思ったほど味に違いはないようだし、12円/100g(税抜)は、いくらなんでもお買い得だと思う。
火加減、火にかける時間、火を止めて味を滲み込ませる時間、それらの細緻微妙な配分が、うまく身に付きつつあるのだろう。よろこばしいことである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |
明治村開村記念日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は猝声B竺村記念日瓩任△襪蕕靴ぁ
通称猝声B辞瓩蓮△修寮擬位松里鬮倏酳館明治村瓩函云う。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、1965(昭和40)年のこの日、愛知県犬山市に博物館明治村が開村した。博物館明治村は明治の建築物を保存展示する野外博物館である。瓩箸里海箸任△襦
Wikipediaによると、猝邀闇酳館瓩任△襪箸箸發法↓猝声時代をコンセプトとしたテーマパーク瓩任發△蝓↓ 明治時代の建造物等を移築して公開し、また明治時代の歴史的資料をも収集し、社会文化の向上に寄与することを目的とする瓩函△△襪、それだけにとどまらず、爛疋薀泙了1討筌▲縫瓩離皀繊璽佞防冏砲忙箸錣譟△泙震声E賽稽伽などゲームとのコラボレーションや、夏には世界コスプレサミットのサブ会場の提供なども実施瓩靴討い襪箸里海箸任△襦
いやいや明治は遠くなりにけりとは云い条、結構現在なところもあるのである。
Macによると、英国の歴史家、E・H・カー氏は「歴史とは過去と現在との間断なき対話である」との名言を残されたそうだが、なるほど、これもひとつの、過去と現在との対話であるかもしれない。
なんにしても温故知新、歴史に馴染むのは、結構なことである。

なお、明治村については↓参照。
博物館明治村 http://www.meitetsu.co.jp/meiji-vil/index-j.html
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:15 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS