ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
佃煮の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、ロール白菜のトマト煮、野菜とわかめの酢漬け、茄子とゴーヤとピーマンの佃煮、木綿奴、納豆、味付海苔


大抵の人はロールキャベツであろう。わたいはキャベツを白菜で代用する。理由は簡単で、他の献立に白菜を使用するからである。キャベツを他の献立でも使用するのなら、キャベツを使用するだろう。
肉だねは牛豚の合挽肉を使用した。いつもなら、人参や玉葱も入れるのだが、今回は割愛した。忘れていたのである。
玉葱を入れる場合は、弱火〜最弱火で30分くらい炒める。そうすると甘味が出て、グッと味が引き立つ。人参もそれくらい炒めるといいのではないか、と、思う。こころもち大きめに切って、火を弱くすると、焦げ付かせずにすむ。このあたりの呼吸がむずかしい。
卵とパン粉を入れてよく捏ねるのは通常と同じである。今回は何度かボールに叩きつけてみた。そうするとなおまとまりがよくなるように思える。やってみてから思い出したのだが、だれかに聞いたか、なにかで読んだかしたような気がしないでもない。判然としないが、思い出しただけマシである。トシを取ると、この、思い出す、と、云う作業が、ナカナカ円滑に動作しないのである。
前回はホールトマト缶を使ったが、今回は売切れだったので、カットトマト缶を使った。どちらでも大して変わりはないようだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:53 | - | - |
佃煮の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮(3尾)、小松菜のわさび和え、野菜とわかめの酢漬け


鰯の生姜煮が久しぶりのような気がする。6月に入って気力が減退し、加えて体調不良に陥って、長らく休載(?)のやむなきにいたってしまった。ご愛読くださっているみなさまには申し訳ない次第であるが、謹んでお許しを乞う。
揚げない揚げ物のやり方を知って以来、鰯が手に入っても、鰯の梅肉大葉フライなどに関心が赴き、生姜煮はお留守になってしまっていたのである。味付けが或る程度定まるようになってきたので、ひと安心、と云う気味もあったことは否めない。
生姜煮にも梅肉を使用している。いささか贅沢かも知れないが、梅肉を入れると口あたりがさっぱりして、味がまろやかになる……ような気がする。
梅肉はクエン酸を含み、エネルギーの代謝を促進し、疲労をもたらす乳酸を速やかに排出する機能を持つ。古の人が、旅や遠足の際に梅干入りのおにぎりや、日の丸弁当を持参したのは、そのためである。古来日本人は、西洋風の小賢しい理屈などには目もくれず、体験から抽出された知恵を大事にして暮らしてきた。いわゆる爐ばあちゃんの知恵瓩任△襦
その正しさ、合理性は、近年ようやく、西洋人にも理解されてきたようである。和食の世界的な享受傾向は、その具現である。いまだ浅薄な舶来崇拝熱に浮かされ、日本古来の慣習や伝統を軽んじる輩は、そろそろ己の軽薄な無知無識を反省したほうがいいだろう。自身が恥を掻く分にはいいだろうが、日本人が恥を掻くのは忍びない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:33 | - | - |
佃煮の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は狡兌僂瞭瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、狒換馗翰食品工業協同組合が2004年に制定瓩靴燭發里如↓狡兌僂糧祥の地である東京・佃島の氏神・住吉神社が創建されたのが1646年(正保3年)6月29日であることから畧定されたのだそうである。
佃煮は日本が世界に誇る伝統食品である。これまたWikipediaによると、狆潴と砂糖で甘辛く煮付けた日本の食べ物瓩如↓爐箸蠅錣云魚、アサリなどの貝類、昆布等の海藻類、山地ではイナゴ等の昆虫類などを煮染めたものをこう呼ぶ瓩里世修Δ任△襦
一般に広まっているのは、海苔の佃煮であろう。そのほか、あさりの佃煮やしじみの佃煮もスーパーの店頭などでよく見かける。
佃煮は保存食として、また食欲がないときの食欲増進剤として(?)、大いに重宝な食物である。
もっとも、犖什澎貳未忙堡里気譴討い訥兌僂蓮△Δ耕、甘口で保存性は以前ほど高くは無い瓩修Δ任△襦狄振包装の物や、要冷蔵の佃煮が多瓩、狒粘安定剤などが加えられていることがある瓩箸里海箸任△襦Wikipedia/「佃煮」より)。
わたいも一時、料理ってみようと試みたことがあった。しかし、大量に食材が必要になるため、諦めた。思うにそもそもは、保存食や常備食としての意味合いよりも、余剰産物の有効利用という側面のほうが強かったのではあるまいか。
そうすると、食品廃棄問題が喧しい昨今、大いに見直され、注目されてしかるべき献立ではあるまいか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:32 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS