ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ひまわりの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、玉葱の卵とじ揚げ、小松菜のわさび和え、茄子の辛子佃煮、もやし&プチトマト、木綿奴、納豆、味付海苔


右側の黒コゲになっているのが、玉葱の卵とじ揚げである。玉葱を玉子と小麦粉の液に浸して、オリーブオイルで揚げたものである。なんでこんな珍妙な献立を料理ったかと云うと、例によって、揚げない鳥の唐揚げを料理ったからである。玉葱は鶏むね肉に味をつけるために使用したものである。その廃物(失礼(''◇'')ゞ)利用なのである。これでも(焦がさなければ)立派に一つの献立になり得るのである。
小松菜のわさび和えは新品(?)である。やはりこのシャキシャキした歯ごたえがよろしい。新鮮で味もよく、やはり野菜は鮮度が大事だと、つくづく思う。もっとも、野菜にかぎらず、大概の食べ物はそうなのだろうが。
それは理解できるのだが、だからと云って、平日に仕事から帰ってきて、料理をしようとは思わない。そんな気力も体力も残存していない。
もやし&プチトマトは、キャベツと玉葱の酢漬けにトッピングするつもりでいたものである。少しでも野菜の摂取種類を増やそうと云う、涙ぐましい努力の結果である。これでなんとか5種類になる。あと2種類、どうにかして摂取したいものである。レタスと貝割を加えればいいわけだが、はてさて、どうしようか……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:10 | - | - |
ひまわりの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、鶏肝の生姜煮、小松菜のわさび和え、キャベツと玉葱の酢漬け


昨日も記したが、小松菜のわさび和えは先週の残りである。
今日までは保つだろうと期待していたのだが、虚しく果無く消え去った。どうもかなりアブナクなっていたのである。残念ながら、廃棄のやむなきにいたった。冷蔵庫に入れておいたとは云え、やはり冬と夏とでは保存可能期間に差が生じるものと見える。残念なことである。
いくら食品ロス云々と云っても、我が身には代えられない。腐っても鯛、とは云うが、だからと云って、腐っても食う、と、云うわけにはいかないのである。
キャベツと玉葱の酢漬けとは云い条、実際には玉葱は入っていないようである。うまく混ざっていなかったらしい。キャベツばかりになってしまった。もっともそれはそれでいい。鶏肝の生姜煮がむつごいので、酢漬けがさっぱりして、ちょうどいい組み合わせになっている。
白菜は、云うまでもなく、冬の野菜なので、夏場には向かない。と、云うより、値段がお高くなっているのである。夏の白菜1/4の値段が、冬の白菜1/2のそれとほぼ同価格、ひょっとすると、冬のそれより若干高いくらいかもしれない。
そんなわけで、キャベツを使用することにしたのである。キャベツ小玉一玉で、充分一週間は保ちそうである。しかも廉い。キャベツも重宝な野菜である。
キャベツも白菜も、同じアブラナ科アブラナ属の野菜である。栄養価や効能に、そんなに差はないだろう。それになんと云っても、キャベツはビタミンCが豊富である。ビタミン不足になりがちな夏場には重宝な野菜である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:13 | - | - |
ひまわりの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)


今日は爐劼泙錣蠅瞭瓩覆里世修Δ任△襦
爐劼泙錣蠅瞭瓩髪召辰討癲太陽に向かって大輪の花を咲かせるあの丈高き植物のことではない。
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、1977年のこの日、日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」がアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた瓩海箸砲舛覆爐發里如△海海捻召Δ劼泙錣蠅箸呂垢覆錣繊気象衛星の爐劼泙錣雖瓩任△襦
もっともこれとてその命名は植物のそれから来ているのであろうから、あながち無関係と云うわけでもあるまい。
ひまわりは漢字で「向日葵」と書く。「日」に「向」う「葵」である。
英語ではsunflower瓩任△襦狢斥曚硫岫瓩琉佞任△辰董△發舛蹐鵝▲侫Д蝓爾里海箸任呂覆ぁ
いずれにしても、太陽に縁のある花である。
ギリシア神話によると、アポロンに恋した妖精が叶わぬ想いに身をやつして変化したのが、この爐劼泙錣雖瓩覆里世修Δ任△襦アポロンは太陽神である。その妖精は身が変化しても心は変わらずアポロンを慕い続け、ゆえにつねに太陽を見つめ続けているのだと云う。
これをロマンティックと感じるか、元祖ストーカーと思うかは、人それぞれである。
これからはまさにひまわりの季節である。豪雨多き昨今であるが、つねに太陽を仰ぎ見て、そのエネルギーを満身に吸収して、明るく元気に人生を送っていきたいものである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:12 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS