ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
メキシコ独立記念日の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、小松菜のわさび和え、きのこ類の佃煮風、7種野菜の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


野菜を多種多量に摂取すると、身体が快調である。身体が快調になると、気も軽く心も晴れやかになる。病は気から、と、云うが、気は健康から、で、ある。
ちなみに、脳も身体の一部あることは、云うまでもなかろう。体の健康とは、脳の健康、と、云う意味でもある。
早い話、体調の悪いとき――たとえば風のときなど――は、脳の機能――集中力、持続力、記憶力、解析力、綜合力、すなわち精神力一般――も低下する。
ただ誤解していけないのは、運動選手が必ずしも、健康であるとはかぎらない、と、云うことである。運動選手が過度な肉体の訓練のため、健康を害する、と、云うのは、よく耳にする話である。身体の健康すなわち運動能力の優勢、と、短絡するのは、わるいクセである。
昨今の糖質ダイエットなるものは、したがって、わたいは賛成しかねる。本来の糖質ダイエットなら大賛成だが、それは糖質の摂りすぎを戒めるものであり、昨今のそれのように、糖質の摂取を断つものではないはずである。糖質は脳の栄養分である。それが不足すると、脳が正常に機能しない。
日本人は戦後の食事の洋食化にともなって、糖質が慢性して不足するようになっているようである。これもまた、宗主国たるアメリカ合衆国の、深謀遠慮の結果だろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:50 | - | - |
メキシコ独立記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(茄子の辛子漬け)、玉子焼き(2個)、小松菜のわさび和え、きのこ類の佃煮風


主菜がないときのお馴染み、レンジdeだし巻き卵で料理った玉子焼きである。これで一品の主菜ができるのだから、重宝な器具である。ただ器具の内側に塗る油の加減がむずかしいのと、最初は30〜40秒で温め、その後塩コショウをして掻き混ぜ、再度40秒温めるのが、忙しないと云えば忙しない。それでもガス・コンロで朝食の半熟卵を料理っている間に出来るのだから、それくらいの手間は、手間のうちにも入らない。
小松菜のわさび和えは、もはや定番である。あまりに定番になりすぎて、一週間の献立を考えるときに、品数のうちに入れるのを忘れるくらいである。それで予定より一品多くなったりするのである。
きのこ類の佃煮風は、ビタミンDの吸収吸着のためである。いくらカルシウムを摂取しても、吸収吸着しなければ、なんにもならない。とりわけ日光(紫外線)を避け、室内仕事が中心の生活様式である以上、意識してビタミンDを摂取しなければ、いくらカルシウムを摂取しても、笊に水を灌ぐようなものである。
その食材にどんな栄養が含まれているかも大事だが、食材同士の相性、組合せもまた、大事である。それはあたかも、ダブルスにおける選手同士のそれや、タッグにおけるレスラー同士のそれに比喩られるであろう。ちょっと違うかな?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:52 | - | - |
メキシコ独立記念日の日のひとりめし(朝)
バターロール(2個)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛瓮シコ独立記念日瓩覆里世修Δ任△襦
「今日は何の日〜毎日が記念日〜」と云うWebsiteによると、
――1810年のこの日、メキシコ・ドロレス教区のミゲル・イダルゴ神父がメキシコの独立を訴える演説を行い、最後に「メキシコ万歳!」と叫んだ。これによりメキシコ独立革命が始った。
メキシコは300年近くスペインの圧制に苦しめられていた。独立宣言等が行われた日ではないが、この日が独立記念日とされ、メキシコ全土では前日からお祝いが行われる。イダルゴ神父の叫びは「ドロレスの叫び」と呼ばれ、この日、メキシコ大統領が国民広場のバルコニーに立ってこの言葉を叫ぶのがならわしとなっている。
とのことである。
メキシコ革命はハリウッド映画などでも格好の題材になっており、有名なところでは、なんと云っても、『革命児サパタ』であろう。映ちゃんおススメの作品である。マーロン・ブランド、アンソニー・クイン、ジョゼフ・ワイズマン(『OO7/ドクター・ノオ』の悪役にしてタイトル・ロールのノオ博士)と、錚々たる顔ぶれである。監督はエリア・カザン(『エデンの東』)、脚本はジョン・スタインベック(1962年ノーベル文学賞受賞)、製作はダリル・F・ザナック、と、これまた豪華な布陣である。アンソニー・クインは、マーロン・ブランド扮するエミリアーノ・サパタの兄、ユーフェミオ・サパタを演じてアカデミー助演男優賞を受賞した。
スペインの圧制に苦しめられ、混んくの末に独立を果たしたメキシコの物語は、イギリスの支配から独立したアメリカ合衆国の人びとの共感を得るのに、好個の題材なのであろう。
ただアメリカ合衆国と違い、メキシコは他の国を植民地化したとは聞かないし、原住民たちを虐殺したとも聞かない。メキシコ人にとっては、一緒にして欲しくないんじゃないかと思うが、どんなものだろうか。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 18:51 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS