ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << April 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
怒涛の飛石連休-前半
金曜日
久方ぶりに、同期の友人と飲みに行く。
待合せ午後6時。それより少し前に店に入り、「ンじゃ、またな」と云って別れたのが、深夜12時。
途中で店を替えたとは云え、延々6時間余り!
その間、談論風発、片時も会話の途切れる間隙がない。
ヤツと飲みに行くと、たいてい、こうなる……。
土曜日
9時過ぎに目は醒めたが、宿酔の重い頭を輾転反側させているうちに、正午になる。
近所の飯屋に飯を食いに行き、眼科へ行く。眼科と云っても、近所ではない。電車で1時間以上かかる。診療を終えた後、別棟の薬局で点眼薬を受領して、梅田へ向かう。
6時から友人と飲む約束である。
これまた前夜と同様、談論風発、しかし途中で意見の食い違いがあり、酔いの勢いも手伝って、いささか説教調になってしまったのは申し訳なかった。
11時ごろ宅に帰り、シャワーを浴びて、寝床に倒れこむ。
日曜日
近所の喫茶店でモーニングを食い、宅を掃除。
掃除機を掛けて拭き掃除。その間、布団を干して、シーツやタオル・ケットの類を洗濯する。
一仕事であるが、それだけに終った後の清々しさは格別である。
目には見えぬがやはり汚れていたものと見えて、古肌着を用いた雑巾が真っ黒になる。
それだけに掃除後の部屋も輝いて見える。
掃除の後は、向う一週間のおかずづくりである。
・ほうれん草のごま和え
・もやしのナムル
・豚肉の生姜焼き(下拵え)
・アスパラの豚肉巻き(下拵え)
・ピーマンの塩昆布和え
・小松菜と油揚げの煮浸し
・牛肉のしぐれ煮
その出来栄えは、近々、「独身男の食卓」で公にする予定である。乞う、ご期待。
乞う、ご期待、と、云えば、これまた近々、新たな仲間が加わる予定である。
いましもMackyが、遮二無二、その男を口説いていることと思う。
こちらも、乞う、ご期待、である。
| ろ〜りぃ | - | 23:12 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS