ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << November 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
怒涛の土曜日
二日酔で床を出たのが、正午前。
歯を磨いて口内を清掃し、布団を干してシーツやタオル・ケットを洗濯する。
掃除機を掛けて拭掃除をする。ゴムの弛んだ肌着を雑巾代わりにしているので、目には見えないが、如何に汚れていたかが明瞭になる。疲れるが、それだけやりがいもある。
いつもどおり洋書斎から開始して、DK、六畳間、和書斎、玄関廊下、トイレ、脱衣所、と、進む。
途中洗濯が終ったので、シーツとタオル・ケットを干し、衣類の洗濯に懸る。と、云っても、実際に洗濯をしてくれるのは洗濯機なのだから、洗濯をした、などと、たいそうに云うことではない。
衣類の洗濯が終って干すと、一服して近所の飯屋に昼食に出かける。
ちょうど一時前である。
昼食の献立は玉子丼とミニうどん。いつもの土曜日のパターンである。
ミニうどんは、いわゆるかけうどんである。これにサービスの天かすが付く。讃岐生まれの身にとってみれば、麺の細いのが残念であるが、味はなかなかである。
天かすは玉子丼にも入れる。
ホカホカのご飯にトロリとかかった半熟の玉子、それに玉葱や長葱、それらが絶妙のだしと相俟って、これが誠に旨い。
昼食を終えると、買物である。向う一週間分の食料を料理らねばならない。
そんなわけで、以下のとおり、拵えた。
・ほうれん草のごま和え
・アスパラガスの豚肉巻き(準備)
・もやしと人参のナムル
・キャベツの塩昆布漬
・小松菜と油揚げの煮浸し
・牛肉のしぐれ煮(すき焼き風)
出来上がりは、例によって、当ブログの、「独身男の食卓」にアップしていく予定である。
後片付けをして、さぁ、今日は出演だぁ〜グッド と、意気込み勇んで、いつものライヴ・ハウスへ!
| ろ〜りぃ | 気まぐれなブログ | 21:57 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS