ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
西園寺公望 1
昔、西園寺公望と云う人がいた。明治末期に内閣総理大臣をつとめた人である。
その姓名からうかがわれるように、彼の出自は、やんごとなきお公家さまである。

その西園寺氏が正式に首相の印綬を帯び、第一次内閣を組織したのは、一九〇六(明治三十九)年のことであるが、彼はそれ以前にも、首相代理の職を勤めたことが二度ある。
その二度目のときは、第四次伊藤博文内閣が総辞職する際、渡辺国武と云う大蔵大臣であった男が、頑固にも辞表を出さなかったのを、なんとか説得して辞表を出させるために、任命されたのである。
渡辺は頑固一徹、自称剣道の達人で、生涯独身だったというカタブツである。
西園寺はその説得に手を焼いた。

或る日彼は家に帰ってくると愛妾(と、云っても、事実上の妻)の菊子さんに向かって、
「伊藤はんが面倒な仕事を押しつけなはって、こちはえらい尻ぬぐいでおすがな」
と、ボヤいた。
そしてなんと、
「どうも女遊びをしない人は、話がしにくうおすなあ。少しはこちを見習うとよろしい」
と、云い放ったのである。
しかし菊子さんもたいしたものである。
その言葉を聞いても怒るどころか、
「あんたのは話が通りすぎて、ゆきすぎと違いますか」
と、笑ったものである。
| Woody(うっでぃ) | ちょっと一言 | 20:11 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS