ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
パリ解放記念日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(3個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は第二次世界大戦において、パリの解放が完了した日である。
連合国軍のノルマンディー上陸作戦の成功以来、ナチス・ドイツによる占領と、傀儡政権であるヴィシー政府に対し、レジスタンス活動が活発になり、ド・ゴールを代表とする臨時政府は、一刻も早いパリの解放を目指した。
8月19日から始まったパリ解放の戦いは、同月25日に完了した。
ヒトラーは、数日前に「パリは、廃墟以外の姿で敵に渡すべきではない」といういわゆる「パリ廃墟命令」を出しており、この日も電話で、「いまこの瞬間、パリは燃えているのか?」と、3度も確認した。
映画化もされた、有名なノン・フィクション『パリは燃えているか?』の書名は、このヒトラーのセリフから採られたものである。
ヒトラーの叫声と命令にもかかわらず、パリが燃えることはなかった。
パリは多くの歴史を宿したまま、解放されたのである。
そのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
半熟卵が1個増えたが、これは卵が小さいからである。
パリの解放とは、なんらの関連もない。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 10:21 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS