ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
降伏文書調印の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(小2本)


1945年(昭和20年)の今日この日、日本政府(大日本帝国政府)は、東京湾上に碇泊している戦艦ミズーリの艦上において、連合国に対する降伏文書に調印した。日本側から出席したのは、政府側代表として外務大臣重光葵、軍(大本営)代表として参謀総長梅津美治郎、の、二名であった。
およそ日本史上初の降伏文書への署名と云う屈辱を味あわされた重光葵は、“(降伏文書の調印は)不名誉の終着点ではなく、再生の出発点である”と捉え、“願くは 御國の末の 栄え行き 我が名さけすむ 人の多きを”と云う歌を詠んだ。
連合国を構成する国の多くは、この日をもって、第二次世界大戦の終結日と捉えている。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
相変わらずの献立である。
それにしても、71年前の今日のこの日、重光氏や梅津氏は、どのような朝食を喫したのであろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:47 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS