ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016年9月最終日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(山葵昆布)、さば塩焼き(2切)、ブロッコリの塩昆布あえ


さば塩焼きは近所のスーパーで買ってきた惣菜である。
焼き魚は、後の手間を考えると、出来合いの総菜を買ってきた方がコスパがいい。味もそんなに悪くない、と、云うか、自分で焼く場合と、さして変わりがない。
“自分で焼く”で、思い出したが、むかし、こんな会話を交わしたことがあった。

わたい「魚は大好きなんだけど、自分で料理できないからなぁ」
女の子「〇〇さん(わたいの通り名)、お魚、料理できないんですか」
わたい「○○(その女の子の名)はできるんか?」
女の子「あたりまえですよ。簡単じゃないですか」

お解りだろうか?
これは、「“魚を料理する”とは、どう云うことか」に対する観念が、その女の子と、わたいとでは、違っていた、と、云うことである。

念のために、より詳細に述べると────、
“魚を料理する”
わたい:「鱗を取り、内臓を掻きだし、身を捌いて二枚もしくは三枚におろし、味付けをして、焼く(煮る、炒める、蒸す、等々)」
その女の子:「切身を焼く」
ちなみにその子の観念では、ムニエルや生姜煮や南蛮漬けや魚介スープなどを料理る場合は、“魚を料理する”とは、云わず、“〜を料理る”と、云うらしい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:35 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS