ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << February 2023 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
小寒の日のひとりめし(昼-弁当)
白飯(海苔と野菜のふりかけ)、ブリの素焼き(1切半)、カボチャの煮物


じつに久しぶりの白飯、いわゆる銀シャリ、である。
日頃麦飯ばかりを食べつけていて、久しぶりに白飯を見ると、まさに玲瓏たる新雪に覆われた銀嶺の如くに輝く美しさに、心が清々しくなる。“銀シャリ”とは、いみじくも名付けたものである。まさしく、贅沢の極み、と、云う気がする。
ブリの素焼きは一昨日焼いたものである。ビタクラフトのフライパンにクッキング・シートを敷き、そのままブリの切身を乗せて、中〜弱火で焼く。実に手軽で、料理とも云えないくらいである。
それでも味は旨いし、なによりブリは、今頃が旬の時期である。魚好きのわたいとしては、是豈食せん哉、である。
カボチャは、旬ではないが、冬季に不足しがちな栄養素を豊富に含んでいる。なにも冬至のとき以外に食してはならぬ、と、云う法もなかろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 09:46 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS