ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アトムの誕生日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース


今日はアトムの14歳の誕生日である。
アトムが生まれたのが、2003年(平成15年)今日この日、アトムは生まれた。
十万馬力の力を有つこの子は、人間の科学によって生み出された。
そうして生み出されたこの子は、しかし、自分を生み出した人間以上に、心優しい子である。
人間の科学力は格段の進歩を遂げ、いわゆるロボットの実用化が夢ではないところまできている。
なるほど、まだ実際には、アトムは生まれていない。
しかし、そのうちに、アトムが生まれてくることも、あながち夢ではないだろう。
そんな世の中になった……。
むかし、或る工学者が云った。
「機械がいくら人間に近づこうと、それは少しも怖れることはない。
恐るべきは、人間が機械に近づいていくことだ」
人間の科学力は進展し、いつかアトムが生まれるであろう日も、夢ではなくなった。
しかし、アトムのような心を持つ人間がいなくなりつつあることも、悲しいかな、また確実になりつつあるようである。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
相変わらずの、平々凡々たる食卓である。
それにしても、アトムの食事って、どんなのだったかなぁ?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:47 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS