ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
七夕の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、グレープフルーツ・ジュース


今日7月7日は、云わずと知れた、七夕の日である。
織姫彦星、或いは牽牛織女伝説として、日本では最も知名度の高い伝説の一つである。
この伝説も御多分に漏れず、奈良平安の古に中国から伝わって、長い年月をかけて定着し、その間に徐々に、日本化されて行った。
例えば、短冊に願い事を書いて、笹の葉に見立てて結びつける、と、云うのは、日本の風習であって、本家本元の中国では、5色の糸を飾るのだそうである。
短冊に願い事を書くのも、もともとは裁縫手芸の上達を願うことからはじまり、やがて芸事一般に広がったものらしい。
なお、仙台地方などでは、この七夕の日には、素麺を天の川に見立てて食する習慣があるらしい。
もちろんそのことと、わたいの食卓を飾る献立とには、なんらの関連もない。
わたいの生活に織姫織女が無縁であるように、素麺も出てこない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:42 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS