ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
改憲? 護憲?
「憲法改正などとはケシカラン! (日本国)憲法第99条には、憲法尊重用語の義務を規定した条文がある! その憲法を改正しようなどと云うのは、憲法違反もはなはだしい!」
と、のたもうむきがある。俗に、リベラルを標榜し、左翼(最近では、ブサヨ、クサヨ、などと呼ばれてもいるらしいが)などと呼ばれている方々である。

しかし、現行の憲法には、第96条に、憲法改正の手続きが規定されている。と、云うことは、憲法が憲法自身、みずからが改正されることを認めているのである。

にもかかわらず、憲法改正を希求するなどとは憲法違反だ、などと云うのは、それ自身が、憲法違反、憲法第96条に違反する主張なのである。

かつて、“不磨の大典”と呼ばれた大日本帝国憲法ですら、その第73条に、改正の手続きが定められていたのである。

大事なのは、憲法を改正するか否か、ではなく、その改正の要不要、改正するとすれば、どの条項を、どのように改正するのか、そこにこそ、ある。

そのことを閑却して、徒らに憲法改正反対、護憲を唱えるのは、あたかも、かつて、大日本帝国憲法を“不磨の大典”として、その擁護を唱えた旧思想の持ち主たちと、なんら変わりない考え方、と、云わざるを得ない。


| 遊冶郎 | 悪魔のつぶやき | 21:08 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS