ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
フランツ・シューベルトの誕生日の日のひとりめし(朝)
ロールケーキ(ショコラ)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


フランツ・シューベルト、と、云えば、“歌曲の王”として、我が国でも有名である。
とりわけ、その子守歌は、彼の尊敬する(敬愛する、と、云ったほうが適格かもしれない)モーツァルトのそれと並んで、知らぬ人のないくらいに、巷間に愛されている。
「魔王」、「野ばら」、「ます」、「冬の旅」などの楽曲もまたしかり、である。
シューベルトは、31歳の若さで、貧困のうちに没した、と、云われているが、近年では、その晩年は、必ずしも貧しい生活だったわけではなかった、と、云われているようである。
わたいの好きな小説『モーツァルトは子守唄を歌わない』(およびそのコミック版)には、ベートーヴェンやツェルニーとともに、いささか可哀想な扱いで登場している。
我が友映ちゃんによると、シューベルトの楽曲を用いた映画として、『野ばら』が、シューベルトを主人公とした映画として、『未完成交響曲』が有名だそうである。
そんなシューベルトが生まれたのが、1797年(寛政9年)の今日のことである。
日本で云えば、第11代徳川幕府征夷大将軍、家斉の頃のことである。
もちろんそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
楽曲とも、藝術とも無縁の、いたって凡俗たる献立である。
それにつけても、シューベルトの好きな食べ物は、いったいなんだったのだろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:54 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS