ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
駅弁の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、味噌汁(大根、人参、白菜、キャベツ、玉葱、長ねぎ、椎茸、えのき、焼麩、油揚げ、ニラ、もやし、貝割、乾燥わかめ)、キャベツのぶっかけ海苔和え、キスの大葉あげ、冷奴、納豆、酢ごぼう、味付海苔


例によって、味噌汁は、昨日料理ったものの残りである。粕汁と違い、乾燥わかめととろろ昆布を加えている。だしの取り方はおなじである。だし昆布もあじにぼしも、残さず食していることは云うまでもない。
突蒟蒻も入れてよかろうと思うのだが、味噌汁に蒟蒻と云うのもどうだろう。悪くはないだろうが、あまり聞かないようだ。まぁ、あまり聞かないからと云って、入れていけない、と、云う法もなかろう。どうせ食べるのは、わたいだけなのだ。
酢ごぼうはよく混ざってなかったのか、上のほうはあまり浸みていないようだ。もうちょっとよく混ぜて、しばらく時間を置いてから、保存容器に入れたほうが良かったかもしれない。
キスの大葉焼きは、以前、タラの青じそピカタ、として料理ったものの応用版だったようだ。自分で料理っておきながら、「だったようだ」もないものだが、ことほどさように、わたいの記憶はアテにならないのである。
キャベツのぶっかけ海苔和えも、久しぶりである。いつもは塩昆布を入れるのだが、今回はぶっかけ海苔めしを混ぜてみた。こちらのほうが、いい味が出るようである。今度料理るときは、ぶっかけ海苔めしを使おう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:18 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS