ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
第2次大隈内閣成立の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、味噌汁(大根、人参、白菜、キャベツ、玉葱、長ねぎ、焼麩、椎茸、えのき、油揚げ、ニラ、もやし、貝割、乾燥わかめ)、チキン・ナゲットもどき、小松菜のわさび和え、冷奴、納豆、ぬた、味付海苔


チキン・ナゲットもどきは、初めて料理ったものである。鶏むね肉のひき肉を使ったのだが、どうも妙にパサパサして味気ない。玉ねぎのみじん切りを30分ほど炒め、同様にみじん切りにした椎茸を入れたのだから、コク、と、云うか、味わいが不足するわけもないのだが……。やはり、鶏むね肉は、味わいに欠けるのだろうか?
ぬたは長ねぎを使ったものである。昼の弁当に入れた鶏肝の生姜煮に使った長ねぎの残りである。通常、鶏肝の生姜煮には、ニラを入れるのだろうが、長ねぎを入れると、肝特有の臭みがとれるうえ、旨味が出ることが判ったので、ニラよりも長ねぎのほうを重宝しているのである。
ぬたは長ねぎだけでなく、この季節なら、分葱でもいいだろうし、魚介類でもいいそうである。いつか気が向いたら、そう云ったものでも料理ってみよう。なにしろ、酢味噌は健康によろしいのである。
しかし今回は失敗した。現在までになく、不味いのである。現在まで料理ったぬたの中で、と、云ったレヴェルではない。およそ、現在までに料理った献立のなかで、1、2を争うくらいに、不味いのである。
後片付けをして、しばらくしてから気づいたのだが、ど〜やら、砂糖と塩を間違えて入れてしまったようである。
でなければ、あの不味さは説明できない。慌てて料理ると、こ〜ゆ〜ことになる、と、云いたいが、いくらなんでも、こんなことが実際に起きるとは思わなかった……。まるで一昔前のマンガである。
小松菜のわさび和えは、最初の予定にはなかった。菜の花が店頭から姿を消していたため、急遽、料理ることにしたのである。
菜の花の旬は、もう過ぎたのであろうか? なんか、あっという間だったような気がする。こう云った食材は、食べられるときに食べておくに限るようだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 22:34 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS