ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
メイストームデーの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え


朝食の献立は、炭水化物、タンパク質、食物繊維、カリウム、ビタミンB6(タンパク質の代謝に関わる)、乳酸菌、と、栄養面からのバランスは取れている、と、自負しているのだが、いかんせん、野菜が不足している。残念ながら、野菜ジュースでは、野菜を摂取したことにはならない。
で、昼の弁当と晩食の献立で、1日の野菜摂取量を調整しよう、と、云うわけである。
小松菜には、葉緑素の他に、カルシウム、各種ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、菠薐草とともに、是非とも摂取すべき野菜の筆頭であることは、これまでにもたびたび述べてきたところである。
豚肉の生姜焼きの場合、豚肉と玉葱を炒めてある。玉葱のアリシンはビタミンB1と結びついて、ビタミンB1の吸収促進やその働きを長時間にわたって持続させる作用がある。
ビタミンB1は糖の代謝に関わる酵素の働きを助け、ブドウ糖をエネルギー変えたり、疲労物質の代謝を促進する効能があることは、これまでにもたびたび記してきたところである。
同様の効果を発揮するにんにくも入れてある(チューヴとは云え)し、米に混ぜてある麦は、ビタミンB1を多く含む、ビタヴァレーである。
疲労回復滋養強壮には、もってこい、の、献立群である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:45 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS