ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
お茶漬けの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛らっきょう)、揚げないコロッケ、菠薐草の胡麻あえ


揚げないコロッケは、やはり温め直し過ぎが、水っぽさの原因だったようである。500W×3分が、ちょうどいい頃合いのようである。
今回の問題は、パン粉の焦げ付きであった。もう少し、もう少し、と、思っているうちに、ついつい焦がしてしまったのである。
ためにどうも最初の一口が、香ばしすぎる味になってしまい、中味の味を打ち消してしまったようである。生焦げよりはいいだろう、と、思っていたのだが、そうでもなかったようだ。
菠薐草の胡麻和えは、例によって、いったん湯掻いたものを、冷凍保存しておいたものである。今週は小松菜だけですべて賄えるかな、と、思っていたのだが、あまかったようだ。
菠薐草は冷凍保存すると、その旨味がグン、と、増すことは、これまでもたびたび述べてきたところである。さらにすりごまをまぶせば、ごまと菠薐草のカルシウムが吸収でき、さらにごまの油分が、菠薐草のビタミンAの吸収を促進してくれる、一石二鳥も三鳥もある、まことに調法な献立である。
さて来週であるが、下旬ともなると、家計要素が献立に影響を及ぼす、一番重大な時期である。栄養があり、腹が満ちて、料理りやすくて、日持ちがして、しかも廉価である食材を揃えなければならない。下手をすると、仕事より頭脳を働かせなければならない状態である。
逆に云えば、ここが腕の見せ所、とも、云える。
さてさてどんな献立になるのか……。いまのところ、わたい自身にも分らない。
皐月の薫風はどこを吹く、すでに初夏の陽射しになりつつある今日此頃、みなさまがたには体調に充分お気をつけられまして、愉しい週末を過ごされますように(^_^)/
また来週、お会いいたしましょう♪
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:25 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS