ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
手羽先記念日の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“手羽先記念日”だそうである。
Wikipediaによると、“名古屋市で手羽先店チェーン「世界の山ちゃん」を展開する株式会社エスワイフードが制定”したのだそうで、“1981年の「世界の山ちゃん」の創業記念日”なのだそうである。
手羽先が名古屋の名物(?)であることは知っていたが、「世界の山ちゃん」なるチェーン店の存在は、不明にして知らなかった。第一、手羽先に特化した店があることも、そのチェーン店が存在することも、まるで知らなかった。
鶏の唐揚げや焼鳥類は大好物で、特に鶏皮の塩焼きがお気に入りである。
ときには、ビールよりも、鶏皮の塩焼き自体が目当てで、焼鳥屋に足を運んだこともあるくらいである。1〜2度、自分で料理ってみたことさえある。鶏もも肉だったかむね肉だったかの皮だけを、パリパリに焼いたのである。
そんなわたいでも、失礼ながら、手羽先はあまり好きではない。食べるときに油脂が手に附着して、ベタベタするのである。
そんなわけで、申し訳ないが、手羽先は敬遠している。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
鶏の唐揚げとも焼鳥類とも、手羽先とも足先とも、まったく関係のない、いたって簡素であっさりした、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:47 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS