ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ほおずき市開催の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(べったら漬け)、玉子焼き、ウインナー(5本)、小松菜のわさび和え


玉子焼きが1個になったのは、今朝いつになく忙しなく、ゆっくり玉子焼きを(電子レンジ使用とは云え)料理っている(心の)余裕がなかったためである。
また、玉子焼きを2個入れると、下手すると、わさび和えの水分が漏れ出る恐れがある。放射能ではないのだから、漏れ出ても身体生命財産に影響があるわけではないが、精神衛生に悪いし、洗うのも手間である。心の平穏を乱す事象と、避けられる手間は極力避ける。健康長寿の秘訣である……ハズである。
卵は、葉緑素を除くと、必要な栄養素がほぼ揃っている、完全栄養食品である。しかし、21世紀もはや最初の成人式を迎えんとし、平成の御代も令和と変じたこのご時世に、いまだ、“卵は1日1個伝説”をご信奉なさっておられる方がおられると聞く。なんとも素直と云うか、無邪気と云うか、微笑ましい話である。年齢の違いも、性の違いも、労働が肉体に与える負荷の軽重も、個々人の疲労耐性度も、まったく考慮することなく、“卵は1日1個”などと、なぜ信じていられるのだろうか。実に不思議な脳作用である。
まぁ、八紘一宇がどうのこうの、神武東征が事実だのと、真剣な表情口調でのたまっておられる国会議員サマが存在あそばしている御国のことだから、不思議ではないのかも知れない。さすが神秘の国、オリエンタル・マジック・カントリィである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:41 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS