ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
鼻の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、生野菜サラダ、チェダー・チーズ


今日は“鼻の日”だそうである。
Wikipediaによると、“「は(8)な(7)」の語呂合せで日本耳鼻咽喉科学会が1961年に制定”したのだそうである。
1961年と云えば、昭和36年である。
ずいぶん前のことであるが、ハッキリ云って、知らなかった。云われてみれば、納得はする。まぁ、“耳の日”や“目の日”があるくらいだから、“鼻の日”があっても不思議ではない。
関係ないと思うが、昨日あたりから、妙に鼻がムズムズする。ムズムズするし、ときとして、さすような感覚が鼻の奥を襲う。ちょうど、プールに飛び込んだときに水が鼻に入ってしまったような感じである。なんの前触れもなく、突然襲ってくるのだから始末に負えない。困ったものである。夏風邪かも知れない。
それにしても、“鼻の日”があるくらいだから、“花の日”があってもいいようなものだが、それはなかった。少なくとも、Wikipediaには。
そう云えば、ロシア文学に『鼻』と云う作品があり、日本にも芥川の『鼻』がある。なにか鼻にコンプレックスでもあったのだろうか。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
鼻とも花とも、ロシア文学とも日本文学とも縁のない、いたって非文学で殺風景な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:57 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS