ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
くるみの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、アスパラガスのベーコン巻き(3個)、かぼちゃの煮物、小松菜のわさび和え


アスパラガスのベーコン巻きは、アスパラガスの豚バラ肉巻きの簡略版──ハッキリ云えば、手抜きである。
味付けは塩胡椒だけ、サッと湯掻いたアスパラガスを切って、塩胡椒をふりかけたベーコンで巻き、爪楊枝で止める。温めたフライパンで油を引かずに、ベーコンの脂でかるく焼く。
これだけである。豚バラ肉巻きなら、豚バラ肉に塩胡椒をするだけでなく、 酒と薄口醤油を混ぜたタレに浸してから、油を引いたフライパンで焼く。手間がちがうのである。
かぼちゃの煮物は先週の残りである。3食分ほどあまってしまった。どれくらい保つのかは不明だが、今日明日くらいまでは大丈夫だろう、と、タカをくくっている。なにしろかぼちゃそのものだけでなく、昆布や煮干しの栄養分まで入っているのだから、食べられるだけ食べないともったいない。食品ロス、食品廃棄が世界規模での問題になっている時節でもあることだし……。もっともそんな時節でなくても、食品を無駄にすることに強い罪悪感をおぼえるのは、やはり物のなかった戦争末期から戦後にかけてを知っているからだろうか?
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS