ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ボスの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、肉じゃが、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物、ぬた、冷奴、納豆、味付海苔


前回の失敗に鑑み、かぼちゃは別立てで煮物とすることにした。まあそれでなくても、肉じゃがにかぼちゃを入れようなどとは、いくらわたいでも最初から思いつきもしないが。
いつもはつい煮過ぎてしまい、かぼちゃがどろどろになることが多かったのだが、今回は上手くいった……ような気がする。
だしは煮干しとだし昆布でとる。それに顆粒状のあごだしを加える。かぼちゃを入れ、酒を廻し入れて強火でアルコールを飛ばす。火を弱めて、砂糖を入れる。わたいの場合、みりんは使わない。このへんは人それぞれ、その家の家風にもよろう。最後に薄口醤油を入れて蓋をする。弱火〜とろ火にして、竹串がスッと徹るようになったら出来上がりである。わたいの場合は火を止めて、蓋をしたまま5分ほど置いておく。味を滲みさせるためである。
調味料の「さしすせそ」が指す「さ」は「砂糖」なのだそうだが、わたいの場合は「酒」も含有される。
わたいが料理るものは、たいてい、だし、酒、砂糖、醤油、と、なっているようだ。
ちなみに、これも以前記したが、だしじゃこもだし昆布も、だし殻になってしまっていても、全部食べる。お大名じゃあるまいし、だしをとった後の昆布やじゃこを棄てるなどと、トンデモナイ話である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:16 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS