ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『明日に向かって撃て!』のラスト・シーンの日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、鰯の生姜煮、小松菜のからし和え、きのこ類の炒め煮


秋刀魚の塩焼きがなくなり、鰯の生姜煮の登場である。
今回は1パック≒100円(税抜)と、格安だった。身丈が大きく、3食分しか料理れなかったが、食べ応えはあった。それにしても、この分量で税抜100円とは、ありがたいお話である。秋刀魚も鰯も、まだまだ大衆魚の誇りを棄ててはいないようだ。少なくとも、わたいが仕入れに行くお店では。
きのこ類がビタミンやミネラルの宝庫であることは、以前から何度も記しているところである。とりわけビタミンDはカルシウムの消化吸収を促進し、カルシウム不足を国土上の宿命として背負わされた日本人にとっては、欠かすことのできない栄養素である。
椎茸にはその他に、エリタデニンと云う栄養素があり、高血圧などの生活習慣病の予防に効果があると云われている。このエリタデニンは、椎茸の笠の部分に多く含まれ、肝臓のコレステロール代謝を促進させて血液中のコレステロールが増えすぎるのを抑制する効果がある、とのことである。
また、古来きのこ類は、薬膳や漢方などにも多く用いられてきたと聞く。日本人の体質食生活に合致した、素晴らしい食材類である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:18 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS