ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2番目に記念日が多い日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


この秋冬中に、絶対一回は料理ってやるぞ! と、心に決していた筑前煮を、やっとのことで料理った。ほとんど意地尽くである。
材料は、鶏もも肉、里芋、ごぼう、蓮根、人参、しめじ、こんにゃく、厚揚げ、である。
家で一番大きな中華鍋風フライパンが、あふれんばかりになってしまった。このうえまだ、ちくわやなんらかの根野菜を入れようとしていたのだから、もしそうしていたら、と、思うと、ぞっとする。
なにごとも、加減と云うものがある。過ぎたるは及ばざるがごとし、いなむしろ、過ぎたるは及ばざるに如かない、で、ある。
しめじは椎茸の代替えである。椎茸が思ったより高くて、しばらく悩んだ末、しめじで代替えすることにした。椎茸はエルゴステロールの摂取のために食するよう心がけているのだが、如何せん価格がお廉くない。勢い、廉価なしめじの購入回数が多くなるのである。
エルゴステロールは、しめじにも豊富に含まれており、そう云う意味では、立派に椎茸の代役を果たしてくれる。
里芋の皮が剥きにくくて困った。じゃがいもの皮もたいがい剥きにくかったが、じゃがいもは形状が凸凹しているから剥きにくいのであって、里芋は外皮自体が固くて剥きにくい。なにか剥きやすくなるコツがあるのだろうか。博雅の士の教えを乞いたい。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:58 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS