ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
洋服記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、筑前煮、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


弁当箱の中仕切りを仕事場に忘れてしまった。
歳をとって物忘れが激しくなる端緒は、日常のこまごまとしたものの置場を忘れる、と、云うことではあるまいか。ボールペンや万年筆、シャーペンなどの筆記具、眼鏡、リモコン、湯呑茶碗、等々。
そしてもう一つの兆候は、新しい事態への対応に時間がかかる、と、云うことである。この兆候が昂じると、「昔はよかった……」という、年寄り特有の台詞が口を突いて出るようになる。
どうやらわたいもそろそろ老境に差しかかってきたようである。
それはともかく、筑前煮を料理ったおかげで、野菜の摂取種類が増えた。よろこばしいことである。どうにかこうにか、7種類に達することができた。もっとも、それでも7種類か、と、云うのが、正直な実感ではあるのだが……。やはり、種類だけを問題にするのなら、夏野菜のほうが簡便である。生野菜サラダだけで5〜6種類は摂取できる。
ただ、栄養価の観点からすると、煮物のほうが優れているように思えるのだが、如何なものであろうか。わたいには西洋風の献立などよりも、日本風の献立のほうがはるかに優れている、と、云う偏見がある。日本では無条件で西洋のものが良いと決まっているらしく、西洋のものが悪いと云うのは偏見か無知を示すのだそうだ。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS