ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
昆布の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、筑前煮、菠薐草のお浸し、かぼちゃの煮物


昨昼食の弁当で小松菜のわさび和えがなくなったので、冷凍保存しておいた菠薐草を出した。菠薐草はあらかじめ湯掻いて冷凍保存しておくと、当人比で約4倍、旨味がアップする。小松菜は冷凍しない方がおいしい。おなじ青菜類でも食べ方によって全然味が違ってくる。面白いものである。
かぼちゃの味が以前と異なっているのが微妙に気になる。最初は味付けの具合かと思っていたが、どうやらそうでもないようだ。食材のカボチャ自体が、去年のそれとは違っているような気がする。味覚に自信がないのでなんとも云えないが……。だからと云って、わざわざお店の人に確認するまでもないだろう。なにしろ、100gあたり15〜17円で推移(日によって変動)しているのだから、文句のあろうはずがない。だいたい700g前後で5食は賄える。1食当たり26円前後(税込)である。なんと費用対効果の高い食材であることか!
今週末あたりから、ボチボチ冬の寒さがやって来そうな気配である。と、云うことは、粕汁が美味しい季節が到来する、と、云うことである。もっともまだ少々早いようにも思われるが、すくなくとも、朝方はグッと冷え込む、と、云うことである。
昨季はほぼ1回も食卓に上せなかったスープ類を、今季こそは出してみようか。なによりも朝食をシッカリ食べておくことが、1日を生き抜く上では大事なことなのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:06 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS