ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
いい家の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爐いげ箸瞭瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、爛▲汽帖 ディ・ケイの「ADK不動産プロジェクト」が住宅市場のさらなる活性化を願い制定瓩靴燭發里如↓狢燭の人に「自分にとって本当にいい家とは何か」を考えてもらうきっかけを作るとともに、住宅について関心を持ってもらうのが目的瓩蕕靴ぁ
かつて日本の住宅事情を評して、とある国が、「ウサギ小屋」と揶揄したことがあった。日本でも自嘲気味にその言葉が流行ったものである。
このとある国が中国や韓国だったら、はたして自嘲気味に流行るくらいですんだであろうか。対欧米卑屈根性も、ここまでくると、いっそ立派なものである。
この「ウサギ小屋」と云う言葉も、いまでは死後である。わざわざ云われるまでもなく、社会通念として定着したからだろう。それとも「ウサギ小屋」どころか、「鳥籠」、「ブロイラー鶏舎」と呼ぶ方が相応しくなっているからだろうか。
どちらにしても、日本の住宅事情が好転しているとも思えない。、燹崋分にとって本当にいい家とは何か」を考えて瓩發匹Δ垢襪海箸發任ないし、狃斬陲砲弔い憧愎瓦鮖って瓩盖しくなるだけである。
マイ・ホームを夢見られていた時代があったなどとは、もはや歴史上の一挿話である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
日本の住宅事情とも、マイ・ホームとも、一切まったく全然関係のない、いたって平々凡々たる、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:03 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS