ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
農協記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(角切山椒昆布)、秋刀魚の塩焼き(1尾)、小松菜のわさび和え、各種野菜の酢漬け


遂に念願成就して(?)、秋刀魚の塩焼きを1匹丸ごと食べられるようになった!
不思議なもので、以前はなんとも思わなかったのだが、過食防止のためと家計支出削減のため、秋刀魚は1食=1/2尾にしよう、と、決めたのである。
その量に慣れかかった頃の倍増し! で、ある。これは感激! で、ある。
秋刀魚はまさに漢字の如く、刀のような体型をしており、すらっとして細身長身の印象があるが、良質の脂がタップリとのっていて、じつに旨い。骨もまるごと食べられるし、内臓も、文字どおり、捨てたもんじゃない。幾多の栄養分が含まれている。なかでも、コラーゲンの生成を促進するレチノールと云うビタミンAの一種や、貧血予防に効果のあるビタミンB12、鉄分などが豊富である。骨がカルシウムの供給源であることは、いまさら記すまでもないだろう。
内臓の苦味が胃の調子をと整えて食欲を増進し、二日酔にも効果がある。頭から尻尾まで、まるごと全部食べられる、栄養分豊富な、それでいて廉価な、神の恵みのような魚である。
秋刀魚と云えば、大根おろしが付き物だが、残念ながら、それはない。近所のスーパーなどには、市販の大根おろし醤油が売っている。何年か前から愛用していたが、今年に限って、なぜか買っていなかった。まあ付き物ではあるが、なにがなんでもなくてはならないものでもなかろう。それに大根ならば、各種野菜の酢漬けのなかに、大根の簡単漬けが入っている。これで大根おろしの代わりになるだろう(?)。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:00 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS