ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
いい風呂の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鶏ささみの味噌漬焼き、小松菜のからし和え、かぼちゃの煮物、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏ささみの味噌漬焼きは、先週に漬け込んだものである。味噌床は薩摩みそと砂糖を味醂と酒で溶いたものである。漬け焼きものなので日持ちするだろうと思い、鶏肝の生姜煮を先に消費することにしたのである。
肝は調理後早目に食べたほうが良い。たとえ火を透してあるにしても、で、ある。
しかしいつも思うのだが、鶏ささみと鶏むね肉は、どうちがうのだろう。もちろん部位がちがうことくらいは知っているのだが、食感や味などには大した差がないんじゃなかろうか、とも思う。一度鶏むね肉でこの味噌漬け焼きを料理ってみよう。
昼の弁当のお菜にした高野豆腐と和野菜の煮物が、思ったより野菜中心ではなかった。切干大根と洋人参だけだったので、結局野菜の摂取種類は4種類にとどまる。海藻類(ひじき)ときのこ類(椎茸)、それに良質のたんぱく質(高野豆腐、薄揚げがふえた。それはそれで、よろこばしいことではある。
野菜が少ないとは云っても、ほとんどが緑黄色野菜である。それで良しとしよう。
鶏肝も鶏ささみも、高タンパク低カロリーのすぐれものである。その他の栄養素にも優れており、大いに調法な食材であるはずなのだが、あまり用いたことがない。これから大いに学ぶべきであろう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:19 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS