ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
太平洋記念日の日のひとりめし(昼-弁当)
麦飯(みそかつおにんにく)、豚肉の生姜焼き、小松菜のわさび和え、高野豆腐と和野菜の煮物


豚肉の生姜焼きは、それ用のものも売ってあるが、わたいはたいがい小間切れか切り落としを使う。理由は簡単で、その方が廉価だからである。味の違いなど、わたいに判かろうはずがない。第一、生姜醤油の漬けダレで味つけするのである。素材の味もへったくれもあるわけがない。
生姜醤油の漬けダレは、生姜(チューヴ)、にんにく(チューヴ)、酒、薄口醤油でつくる。これに豚肉と玉葱を漬け込むのである。あまり長く漬け込む必要はない、長く漬け込むと肉が固くなる、と、のたもう向きもあるようだが、わたいは短くとも、1日以上は漬け込む。火加減に注意すれば、さほど固くならない。
フライパンには油を引かず、最初強火でざっと炙るように焼き、それから中火で火を透し、弱火で煮る(漬けダレを煮汁に見立てて)心持ちで焼くのである。こうするとさほど肉は固くならない……ハズである。
高野豆腐と和野菜の煮物が、けっこう腹持ちが良くて意外である。高野豆腐以外の食材をサラダ油で炒め、しかるのち、酒、切干大根のもどし汁、味醂、薄口醤油で味つけしたのだが、最初にサラダ油で炒めたのが、腹持ちのいい原因かもしれない。以前、この過程を省略して料理ったときは、こんなには腹持ちよくなかったように思う。気のせいかも知れないが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS