ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
奴隷制度廃止国際デーのひのひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は狹枸貔度廃止国際デー瓩世修Δ任△襦
Wikipediaによると、犢餾櫂如爾琉譴牒瓩如↓1949年のこの日に国際連合総会決議317(IV)「人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約」が採択されたことを記念瓩靴得定されたものなのだそうである。
「人身売買」は解からないでもないが、「他人の売春からの搾取」と云うのがよく解からない。「自分の売春」ならいいのだろうか? 「売春」自体、立派な(?)性の搾取だと思うのだが……。ちなみにこの場合、搾取者、被搾取者を、男女両性のうちのいずれかに、固定させて考えているわけではないので、念のため。
男性が自らの「性」を「売」る場合、女性が男性の「性」を「買」う場合も、やはり存在しているのである。たとえそれが「性交」を伴っていなくても。
まあ幸か不幸か、わたいの「性」は、売ろうと思っても買い手がない。高津の黒焼き屋でも断るだろう。
わたいとしては、この条約の他に、「労働力搾取の禁止」、「賃金からの解放」、「旧来の伝習からの解放」、「伝統的家庭観からの解放」、「愛国観念からの解放」等々も締結していただきたい。たぶん無理ではあろうが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
人身売買とも、他人の売春からの搾取とも、まったく一切これっぽっちもかかわりのない、いたって健全優良な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:00 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS