ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
奴隷制度廃止国際デーのひのひとりめし(昼-弁当)
麦飯(ピリ辛きゃら蕗)、鶏むね肉のハンバーグ(2個)、小松菜のわさび和え、かぼちゃの煮物


小松菜のわさび和えとかぼちゃの煮物は、先週分の残りである。どうもここのところ、月〜火曜くらいまで、先週の残り物が食い込んでいる。別に味がどうこうなっているわけでなし、食べられないこともなく、ないよりはマシなので、まあこれもよかろう、と、楽観している。
とりわけここしばらく、小松菜の値段の上下が烈しい。高いと思うときには購入を控えられるようにするのが良策である。
鶏むね肉のハンバーグは、ピーマンの肉詰めの残りで成形したものである。ひとつがかなり巨大になって(通常サイズの2個分相当)、かぼちゃの煮物が潰れてしまった。鶏むね肉は冷めても味が好いので、牛より重宝している。
鶏は牛や豚より平熱が低い、と、思っていたのだが、これがとんでもない勘違いで、鶏の平熱は40〜41℃なのだそうである!
と、すると、鶏の脂は人間の体温では融けずに凝固したまま、と、云うことになり、牛の脂以上に健康によろしくないことになる(ちなみに、牛の平熱は38.5〜39.0、℃らしい)。牛肉や豚肉よりも鶏肉のほうが健康に良い、と、云う、わたいの鶏肉信仰が、すくなくとも、脂質に関しては、崩壊してしまった!
ただしこれは、牛、豚、鶏の脂と体温との関係だけで見た場合の話であって、消化吸収作用が絡むとなると、おのずから話は別である、と、思っておこう……。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 19:03 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS