ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カレンダーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は爛レンダーの日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、狢斥枸餾陵僂鉾爾辰凸声5年12月3日(旧暦)が明治6年(1873年)1月1日となったことに由来し、全国団扇扇子カレンダー協議会が1987年に制定瓩靴燭發里世修Δ任△襦
毎年この時季になると、来年のカレンダーはどんなのにしようか、と、少しく心ワクワクと本屋の棚を覘いたものである。
もっとも、どれにしようか、と、迷い、考えあぐねているうちに、結局は同じものを買ってしまう、と、いうことを繰り返していた。
ある意味、年末の愉しみのひとつだったのだが、年々齢とともに面倒臭くなり、最近では年が明けてから買うようになった。そのうち、カレンダーなど部屋に飾らなくなるかもしれない。
カレンダーは一種のポスターや壁紙としての効果もあり、あれば部屋が明るくなっていいのだが、それもあまり気にしなくなった。どうやら感性までも摩滅してきたようだ。困ったものである。
もっともそのことと、渡井の食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
カレンダーともポスターとも、部屋の色合いとも装飾とも、まったく一切全然関係のない、いたって殺風景な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS