ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
バッテリーの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さわらの味噌漬け、かぼちゃの煮物、ツナと白菜のスープ煮、大根の酢漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


かぼちゃの煮物が重なった。
ほうれん草と白菜の胡麻和えが、明日の弁当に入れていく分しかなくなったためである。めずらしいことである。ここしばらく、小松菜のわさび和えやからし和えを余らせていたので、まさか不足するとは思わなかった。こうしてみると、ほうれん草は小松菜より、1束の分量が少ないと見える。4束買ったのだが、5〜6束買っといたほうがよかったかもしれない。
ちなみに気になるお値段ですが……1束なんと、税込み100円! 税込み100円でのご奉仕です! と、なにやら、○○ショッピングのお時間みたいになってしまったが、ほうれん草が1束税込み100円で買えるとは、なるほど、旬到来である。
白菜も旬であるが、こちらは1/4で税抜き68円だったと思う。1/4と云っても、スーパーのそれとは違って、商店街の八百屋さんで買ったものだからかして、量は倍近く違う。むろん、八百屋さんのほうが大きいのである。
この白菜1/4で、ほうれん草と白菜の胡麻和えと、ツナと白菜のスープ煮がまかなえた。
ツナと白菜のスープ煮は、この時期の白菜の大量消費にはもってこいの献立である。しかも、簡単手軽にできて、体も温まり、和風洋風と、味付けもお好み次第である。ひょっとすると、中華風の味付けも合うかもしれない。今度その気になったら試してみよう。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:04 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS