ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
飛行機の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ、みかん(2個)


今日は猗行機の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1903年のこの日、アメリカ・ノースカロライナ州のキティホークでライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した瓩海箸砲茲襪里世修Δ澄
この飛行は爛痢璽好ロライナ州キティホーク近郊にあるキルデビルヒルズにて12馬力のエンジンを搭載したライトフライヤー号によって畊圓錣譟↓犢膩4回の飛行が試みられた畄覯漫↓1回目: 12秒、120ft(約36.5m)、2回目: 12秒、175ft(約53.3m)、3回目: 15秒、200ft(約60.9m)、4回目: 59秒、852ft(約259.6m)瓩竜録を残した。
なお、犖落とされがちであるが、この飛行は強風が吹く彼らの実験場で風に向かって飛んだ記録であることに(もしそれ以前の「跳躍」とみなされている他者による実験と比較する時などには)注意が必要である瓩蕕靴ぁ(Wikipedia/「ライト兄弟」)
爾来120年近く、現在では航空機はもはや日常生活の一部となり、遠隔操縦あるいは自律式の無人航空機:ドローンまでもが実用化されている。科学技術の進歩は目覚ましいものである。
最も一部からは、環境破壊の最大要因の一つとして、指弾されてもいるようである。いずれこの一部の指弾が、大勢を占めるようになるかもしれない。意識の進歩も目覚ましいものである。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
飛行機とも航空機とも、有人飛行とも無人飛行とも、科学技術の進歩とも、人類意識の進歩とも、まったく一切金輪際かかわりありのない、いたって凡俗平穏な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS