ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
愛と希望と勇気の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ(2本)、みかん(2個)


今日は牋Δ抜望と勇気の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、1959年のこの日、南極大陸で1年間置き去りにされたカラフト犬タロとジロの生存が確認された瓩海箸僕獲茲垢襪里世修Δ任△襦
南極大陸に置き去りにされながら生き延びたタロとジロの物語は『南極物語』と云う映画にもなり、多くの人々の感動を誘った。
それはそれでいいし、この2頭の犬に敬意を表するにやぶさかではないのだが、そもそもこの2頭は、なにゆえに、極寒最果ての南極大陸に取り残されたのであろうか。
それに、牋Δ抜望と勇気瓩髪召辰燭箸海蹐如△修譴呂海2頭が体現したものであって、人間の行動がそれを体現したのではない。人間が体現したのは、猝技悲と自分勝手と残酷さ瓩任△蹐Α
よしんばこの2頭を「泣く泣く」置き去りにしたとしても、そのことはこの2頭のあずかり知らぬところである。泣こうが喚こうが、極寒不毛の地に置き去られることに変わりはないのである。
己の猝技悲と自分勝手と残酷さ瓩鮹に上げて、牋Δ抜望と勇気の日瓩箸蓮△覆襪曚匹いにも爛縫鵐殴鶚瓩蕕靴い海箸任△襦
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
愛とも希望とも勇気とも、まったく一切金輪際縁のない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:07 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS