ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
愛と希望と勇気の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(わかめ、とろろ昆布)、鶏もも肉と大根の煮物、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏もも肉と大根の煮物は、先日仕事で外食した際に食して気に入ったもので、さっそく料理ってみた。
味つけや料理法などはまったく判らなかった───昨今の若者どもと違って古風な人間であるわたいは、店の人にその料理法を訊く、などと云うことは、無作法としか思えないのである───ので、母者の意見を参考にして自分なりに料理ってみた。
まず昆布と水で出汁を採る。大根は厚めに切って皮を剥き、あらかじめ軽く湯掻いておく。鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。
鍋に入れて火にかけ、酒、味醂、薄口醤油で味付けする。
最弱火で長時間煮る。
と、云う、手順である。
最後の「最弱火で長時間煮る」と云うのが要点である。
20分煮る→20分余熱で温める→20〜30分煮る→1時間余熱で温める、これが今回行った手順である。ちなみに使用した鍋(?)は、例によって、ビタクラフトのフライパンである。ビタクラフトなればこそ、煮るにしても最弱火でよく、また長時間の余熱を利用することもできるのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:11 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS