ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
日本初のアイススケート場開場の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鶏もも肉と大根の煮物、ほうれん草と白菜の胡麻和え、ツナと白菜のスープ煮、熟成キムチ、木綿奴、納豆、味付海苔


鶏もも肉と大根の煮物は、今季のヒット賞! であった。
大根がやや薄めであったのが難であるが、これは次回からもっと厚めに切るようにすればよい。
鶏もも肉のほうはうまくいった。味がよく染みて、ほろほろとした食べ応えがあって、これはイケる。
骨付きのぶつ切り肉を使えば、骨から出汁や髄液などが出て、よりコクのある味になったであろう。ただそうすると、より脂っぽくなるだろうことが、難と云えば難である。
わたいは基本、洗い物に洗剤を使用しない。皿であろうが、保存容器であろうが、調理器具であろうが、もっぱらお湯だけで洗う。食器用洗剤を使うのは、油を使用して調理したときの調理器具を洗うときくらいである。
わたいは基本、少々の油汚れなら、お湯で十分落とせる、と、信じている。
と、云うのは、お湯で洗いものをすると、手が荒れる。手が荒れる、と、云うことは、それだけ手の皮脂が洗い流されている、と、云うことである。手の皮脂が洗い流される以上、食べ物の油脂も洗い流せるはずである。
これを逆に云えば、お湯で洗い流せないような油脂を含有した食物は、身体に悪い、と、考えて差し支えない。わたいはそう信じているのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:08 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS