ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
国際母語デーの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は犢餾殃豸譽如辞瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、犢餾殤合教育科学文化機関 (UNESCO) が言語殉教者の日にちなんで1999年に制定した国際デー瓩覆里世修Δ任△襦
では、犖生貊浙擬圓瞭瓩箸浪燭、と、云うと、1952年に東パキスタン(現在のバングラデシュ)でベンガル語運動家と軍隊が衝突した日瓩砲舛覆爛丱鵐哀薀妊轡紊竜念日なのだそうである。
これまたWikipediaによると、1952年2月21日、当時はパキスタンの一部だったバングラデシュの首都ダッカで、ベンガル語を公用語として認めるように求めるデモ隊に警官隊が発砲し、死者が出たことに因むもの瓩如↓爛丱鵐哀薀妊轡紊任蓮独立運動の中の重要なできごとの一つとしてこの日を「言語運動記念日」としていた瓩里世修Δ任△襦
国際母語デーは、この「言語運動記念日」または「言語殉教者の日」の精神を継承発展させて、犖生譴畔顕修梁人誉、多言語の使用、そしてあらゆる母語の尊重の推進を目的として畧定されたものなのだそうである。
グローバリズムの、国際化のとほざいて英語教育を推進し、自国の言語文化をおろそかにしているどこぞの国とは、真逆の心性である。
そう云えば以前、遊冶郎も同じようなことを云っていたおぼえがある(本Blog〜悪魔のつぶやき/「外国語礼賛」2018.01.05http://rolly2014.blog.bai.ne.jp/?eid=224032)。
散作も、丸谷さんとまでは云わないものの、もう少しまともな日本語で書かれた小説はないものなのだろうか、と、よくぼやいている。
まぁだからこそ、わたいらでもこうして、Blogなるものを公にできるのだが……。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
日本語であろうが英語であろうが、自国語を尊重しようが疎かにしようが、まともな日本語を使えようが使えまいが、そんなこととは一切全く金輪際縁のない、いたって非文化な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 20:27 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS