ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
包むの日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は猜颪爐瞭瓩任△襪蕕靴ぁ
Wikipediaによると、猜饒の利便性を広く伝えるため、2014年、東興資材工業が制定した瓩里世修Δ任△襦
なぜ今日なのか、と、云えば、2(ツー)、2(ツー)、6(ム)の語呂合わせであろうことは想像に難くない。
日本の包装紙は品質が良く、丈夫で、しかも色柄が美しいので、海外の観光客にも評判がいい、と、聞いたことがある。
しかし昨今では、地球環境保護の観点から、過剰包装が問題になっているようだ。包装紙はもちろん紙であり、木材が原料となっている。コーティングも施されているし、色とりどりの模様が描かれている。なるほど、廃棄時には大いに地球環境を害しそうである。
わたいは過剰包装は断るが、過剰でなければ断らない。過剰か過剰でないかの判断はわたいの胸先三寸である。ヨソさんからとやかく云われる筋合いはない。最近とみに、余計なお世話を焼きたがる猊當未凌祐岫瓩増殖しているように見受けられる。厄介千万なことである。
それはともかく、わたいの場合、包装紙はブック・カヴァーに使用する。色合いも美しく、丈夫なので、重宝である。
散作に教わって以来、仲間内のみなが行っている。奴はこれを称して、「ブック・カヴァー付きで買っている」と、称している。素直に、再利用、と、云わないところが、如何にもわたいたちの仲間らしい。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
包装が過剰であろうがなかろうが、地球環境がどうなろうが、再利用しようがしまいが、そんなこととはまったく一切これっぽっちもつながりのない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:39 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS