ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アンリ4世の戴冠式の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日はフランス王アンリ4世の戴冠式が行われた日であるらしい。
アンリ4世、と、云っても、日本ではあまりなじみがないが、本国では犧澎銘罎ら現代に至るまでフランス国民の間で人気の高い王の一人瓩任△襪蕕靴ぁ
この王の在世中のフランスは、旧教と新教(カトリックとプロテスタント)の宗教闘争が激しく、ユグノー戦争やサン・バルテルミの虐殺が勃発した時期であった。
そんな緊迫した情勢下に即位したアンリ4世は、爛淵鵐箸猟捨瓩鯣布してカトリックとユグノーとの国内融和に努め、40年近くにわたる戦争を終結させ瓠↓狎鏝紊論鐐茲砲茲辰独菠世靴森餡箸虜瞳を行った瓠(Wikipedia/「アンリ4世」より)
このあたりに現在なお続く人気の秘密があるのかもしれない。
ちなみにこの王からブルボン朝が始まった。
チョコやクッキーなどで有名なお菓子メーカーの「ブルボン」が、このブルボン朝と同じ名であることは諸人の知るところであるが、洋酒のバーボンも、つづりはブルボンと同じBourbon瓩任△襦
これは初めてバーボンが醸造されたのが、当時新大陸のフランス植民地だったからである、と、聞いたことがある。Wikipediaの記事では、違う理由になっているが。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
フランスの王家ともアメリカ合衆国の酒とも、まったく一切これっぽっちもかかわりのない、いたって健全明朗な、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:06 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS