ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アンリ4世の戴冠式の日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、乾燥わかめ、とろろ昆布)、鰯の梅肉しそフライ、ほうれん草のお浸し、菜の花の辛し和え、胡瓜のぬか漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


今回は訳あって、ほうれん草と菜の花と、いわゆる青菜類が並ぶこととなった。冬の味覚と春告の味覚とが同時に食卓に並ぶ、と、云うのも、ナカナカに風情があってよろしいものである。
たとえ風情はなくとも、青菜は幾種類食卓に並んでいても苦しゅうない。青菜類は生命の源、健康の維持増進には欠かせない食材なのである。
ちなみにわたいの分類では、菜の花もリッパな青菜なのである。
今回鰯が廉かったのは、おそらく鮮度が劣化していたからであろう。しかし買ってきた翌日に調理し、しかも、梅肉としそ(大葉)を使用して油で揚げているので、ほぼ大丈夫だろう、と、高を括っている。
今年は中国発のコロナウイルスが脅威になっているようである。が、わたい自身は脅威にも猛威にも感じていない。ほぼ狢亟澆硫仍畩態である。
常日頃からなんのかんのと理由をつけて───より精確に云えば、ヘリクツを捏ねて───、食事や睡眠をおろそかにしているから、いざと云うときに間に合わなくなるのである。食事と睡眠が免疫力の維持向上に必須であることは、この情報化社会───と、云うのも、いまさらだが───のなかで、ご存じない方はいらっしゃらないだろう。
いまさらジタバタしても遅い、どこぞの世界に、戦が始まってから武備を整える国があるものか、と、腹を括っている。少なくともわたいは、できるだけのことはやっているし、できないことをやるつもりはない。できないことは、できないから、できないのである。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:13 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS