ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
巫女の日のひとりめし(朝)
トースト(6枚切り×1枚)、半熟卵(2個)、チェダー・チーズ、プレーン・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ


今日は獪狃の日瓩覆里世修Δ任△襦
Wikipediaによると、3月5日→3・5→みこ(巫女)の語呂合わせから生まれたネット上でのイベントで、主に巫女を題材の中心とする絵師がその日に合わせてイラストを発表する瓩里世修Δ任△
本来獪狃瓩髪召Δ發里蓮↓狄斉擦量鮨Δ里劼箸弔如⊃世忙鼎┐觸性のこと瓩任△蝓↓狄棲擇鯢颪辰燭蝓祈祷をしたり、占いをしたり、神託を得て他の者に伝えたり、口寄せなどを瓩靴燭蝓↓狄声劼膿聖の奉仕をしたり、神職を補佐する役割瓩任△襪呂困覆里任△襪、現在では狢臀以顕什酩糞擇咼汽屮ルチャー瓩砲ける重要なキャラクターのひとつ、と、なっているようである。
おそらく神職に携わっていることに由来する神秘性や、固有の装束に対する嗜好(いわゆるフェティシズム)が萌え感情を刺激し誘発するのであろう。
なんにせよ、これを契機に、巫女の仕事や歴史、存在理由、神道の教義やその歴史、日本の文化に与えた影響などにも興味の幅を広げていっていただければよろしいのではないか、と、思う。
宗教学や歴史学だけでなく、国文学や民俗学にまでまたがる幅の広い分野である。さらに視野を広げれば、東アジア文化圏を網羅する必要も生じるであろう。Macの喜びそうな話である。
もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。
巫女とも神主とも、大衆文化作品ともサブカルチャーとも、オタクともマニアとも、学問分野の諸領域とも、まったく一切どこからどう見てもつながりのない、いつもながらの献立である。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:23 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS