ろ〜りぃ&樹里とゆかいな仲間たち

Blog(日記)と云うよりはEssay(随筆)
Essay(随筆)と云うよりはSketch(走り書き)
Sketch(走り書き)と云うよりは……?

 注)タイトルに「*」のついた記事は「ネタバレ記事」です。ご注意ください。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サボテンの日のひとりめし(晩)
玉子麦飯、即席みそ汁(豆腐、乾燥わかめ、とろろ昆布)、さばの酢漬け、ほうれん草と白菜の胡麻和え、かぼちゃの煮物、たくあん漬け、木綿奴、納豆、味付海苔


さばの酢漬けがなくなった。栄養価値が高く、お値段は安く、二枚おろしの片身で昼晩の2食が賄えるのだから、これをリーズナブルと云わずしてなにをかいわんや、である。
酢が健康にいいこともよく知られているところである。なかには日々飲んでいる人もおられるだろうが、わたいはそこまではしない、と、云うか、できない。昔一時やっていたことがあるが、皮膚に悪影響が出たのでやめた。アトピー性皮膚炎患者にとっては、汗に含まれる酢酸がよろしくないのではないだろうか。少なくともわたいにとっては、よろしくなかったようである。
酢にかぎらず、レモンや梅干しなどは、エネルギー代謝を促進し、速やかに疲労を回復させるに大なる効果を発揮する。古人が旅行や遠足などに際して、梅干し入りのおにぎりを持参したのは、実に理に適っていたのである。日本古来の智慧、侮るなかれ、で、ある。
ちなみに、味噌が身体に良いことも、諸人周知の事実だが、これまた古人は、焼き味噌や飛脚玉などの形態で、持参していたものである。
西洋にはこのような簡便な旅行食はあるまい。せいぜい二度焼き麺麭(ビスケットの先祖)くらいのものであろう。もっともそのおかげで、瓶詰や缶詰が発明されたのであるが。
| ろ〜りぃ | ろ〜りぃの食卓 | 21:17 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS